不用ゴミはエコロジーを考えてリサイクルをしましょう。ペットボトル、乾電池、紙類などは資源として大切です。

エコを意識してゴミの分別を楽しもう

不用ゴミはエコロジーを考えてリサイクルをしましょう。

不用となったゴミを何も考えずに捨てるのではなく再利用ができるかもしれいないという考えを持つことがリサイクルの第一歩となりますし、エコロジーへとつながっていきます。限りある資源、エネルギーを有効的に使うということは当たり前となりつつあります。また、排出するゴミが資源となるということも認知されつつあります。不用となったからといってむやみに廃棄するのではなく、その廃棄しようとしている不用品がどのようにして作られたのかを考える事も大切です。様々な資材、原料を使ってモノは形成されています。モノを形成している資材、原料をリサイクルすることで、限りある資源、資材、原料を節約をする事ができます。地球に住む地球人としてリサイクルとエコロジーを推進することはとても大切なことです。

日々、目にするペットボトルもリサイクルができます。ひとむかし前に比べるとペットボトルはとても身近な存在となりつつあります。ペットボトルは捨てられてから様々な工程を経て新たな製品や商品の資材へとリサイクルされていきます。捨てられたペットボトルだからといって、その役割が1度で終わってしまうわけではありません。ペットボトルを形成している素材を粉砕して加工をすることで、衣類の繊維の一部になったりタマゴパックになったりします。今自分が着衣しているシャツは以前はペットボトルだったかもしれません。私たちが使っているモノは廃棄されてからも新しい資材、原料となり生まれ変わります。無駄な資材、原料を極力抑えることもエコロジーのひとつです。これからもエコ生活を推進していきたいと考えています。

【参考】

Copyright (C)2017エコを意識してゴミの分別を楽しもう.All rights reserved.